Carlos Moscardini

Carlos Moscardiniel corazón manda」(1997年)

espa musicの世界のギターコレクション・シリーズの第14集(1997年発売)、全17曲中、11曲の自作曲と、他にE. Gismonti、F. De Caro、 R. Carnota、A. Yupanqui、H. Merlo、A. Piazzollaを収録。Gismontiの曲「7 anéis」以外には曲ごとにアルゼンチン音楽の様式が併記されています。ケーナとコントラバスが1曲ずつ加わっていますが、他はモスカルディーニのクラシカルギター1本の音世界です。全体には繊細で伝統をしっかりと受け継ぎながらもコンテンポラリーなアプローチが詰まったフォルクローレ音楽に浸る事ができます。

 モスカルディーニは1959年ブエノス・アイレス生まれのギターリストであり作曲家。実際に会ったり、生音を聞いた事はありませんが、僕の最も好きな音楽家の一人です。とにかくオリジナル曲が美しい。魅力に溢れたメロディーと自在にコントロールされたギターの音色、ギターならではのサウンド造りもとても参考になります。出だしのDoña Carmenはとても美しいワルツ、そして僕もギターソロでよく演奏する曲です。

  全17曲のうち、タンゴが3曲入っています。他のフォルクローレの曲と混じって一体感を与えます。最近クラシックギター奏者がアルゼンチンタンゴを取り上げる事が多いように思いますが、間の取り方や、音色の尖らせ方(丸ませ方)、サウンドの動きが全然違います(何処が違うのか上手く言えませんが)。アクセントが付いていてもキツくなくて、自由で、あるべき音に聞こえるんですね。Juanjo DominguezやAnibal Ariasなどのタンゴの名手も好きでよく聞きましたが、フォルクローレ色の強いモスカルディーニのタンゴが僕は好きです。モスカルディーニのCDはいつでも何処でも手に入るという訳にはいきませんが、YouTubeでモスカルディーニ本人が素敵なオリジナル曲やタンゴを紹介する映像があり、こちらもお奨めです。

http://www.youtube.com/watch?v=PCFrxy77VhE

01. Doña Carmen
02. A Los Tilingos
03. Sebastián
04. El Corazón Manda
05. Temperley
06. 7 Anéis
07. Camino de Las Tropas
08. Campo Huergo
09. La Otra
10. Flores Negras
11. Pecado de Juventud
12. El Enigma
13. Milonga de un Entrevero
14. La Juan Carreño
15. ¡Qué Los Tiró!
16. La Muerte del Ángel
17. El Último Aliento

Carlos MoscardiniHorizonte Infinito」(2009年)

Buenos Airesで2008年10月に録音、2009年9月にドイツのWinter&Winterレーベルから発売された。全20曲。内5曲でLuciana Jurryが唄で参加(2, 5, 9, 14, 19)しています。唄の(5)(19)以外はすべてMoscardiniの曲です。「El Corazón Manda」(1997年)と7曲、曲目がかぶっていますが、演奏が違い、アレンジは勿論、音色の違いも興味深いです。「El Corazón Manda」では1曲目だった「Doña Carmen」が、このアルバムではラストをしっとりと締めくくります。個人的にはこの「Horizonte Infinito」の方が、アルバム全体に統一感があるのと、音の味わいが更に深まっていて好きです。さらにLuciana Jurryの唄が情感を溢れさせながらも何ともしっとりと、しかししっかりと耳に届き、それをハデでないものの色彩感を倍加させるかのような効果的なMoscardiniの伴奏が光る、5曲がアルバム全体に散らばっており、よいアクセントを与えています。

  またこのアルバムの特徴はアルゼンチン・パンパを舞台としたイラストレーター”Eleodoro Marenco”と”Florencio Molina Campos”の二人に捧げた小組曲がそれぞれ一つずつ収録されています。インターネットでこの二人の名前で画像検索すると、印象的なパンパを舞台とした馬やガウチョ、の姿が現れます。これらの画像を見ながら曲を聴くのもいいですね。草原を渡る風、馬とともに暮らす人々、ギターを囲んで踊る人々。様々な情景と音楽が結び付いて行くような気がします。アルバムのジャケットもとても手が込んでいます。紙製の質感のよいカバー、ブックレットにはオーストリア生まれミュンヘン在住のGünter Matteiのイラストがふんだんに使われていて、そこからもパンパのにおいが立ち上りそうです。まだ見た事のないパンパの情景に想いを馳せながら何度も聞き返しています。

01.Camino De Las Tropas 
02.Huella Perdida 
03.Corazon Manda 
04.Campo Huergo 
05.Cuando El Amor Se Aproxima 
06.Temperley 
07.Milonga De Un Entrevero 
08.Los Tilingos 
09.Agua De Una Gota 
10.Al Caer La Tarde 
11.Viejo Estilo 
12.Arreo 
13.Horizonte Infinito 
14.Si La Cantan Los Que Cantan 
15.Aguas Y Penas 
16.Payada De Contrapunto 
17.Despuntando El Vicio 
18.Gato 
19.Sueno 
20.Doña Carmen 

Carlos Moscardini「Silencios del suburbio」(2012年)

 

3年振りの新作だそうです。この前は「Horizonte Infinito」(2009年)でしょうか。それまでのMoscardiniのオリジナルアルバムでは何曲もセルフカバーしている事が多かったですが、この「Silencios del suburbio」(街外れの静寂)は8曲目を除いて、未収録曲です。また4曲目以外はMoscardiniによる曲です。タイトルにある「街」とはブエノス・アイレスの事です。1曲目の「 A La Niñez Nuestra」(私たちの少年時代に)で、アルバムタイトルの世界、ノスタルジックな世界への扉を静かに開けるかのようです。3曲目「Campo Nuestro」(私たちの田舎)では弦楽三重奏をバックに何とも味わい深い素敵な弾き語りを披露しています。6曲目「Julia」ではLilián Sabaのピアノを加えて、シンプルで美しいメロディーを交互に紡ぎ、懐古的な静かな心持ちにさせてくれます。続く7曲目「Zapateando En El Galpón」上手く訳せないですが「ガルポンで踏み鳴らせ」って感じでしょうか。ピアノに加えてRubén Loboのボンボも加わり、床を踏み鳴らして踊っているような躍動感というか緊張感のある掛け合いが聞けます。ピアノとボンボの間を割って入るギターのメロディーが気持ちいいです。8曲目「Aguas Y Penas」(水と苦悩)は、2009年の「Horizonte Infinito」でギター独奏で聞く事ができますが、その静かでとても美しいメロディーをここでは弦楽三重奏の加わったアンサンブルで聴く事ができます。とても素敵なアレンジです。9曲目「Otros Caminos」(他の道)、どんどん場面が展開してゆき、なんともいえない緊張感を孕んできます。 10曲目「La Esquina De Goyo」(ゴヨの街角)、11曲目「El Engaño」(ペテン師)ではRamiro GalloのバイオリンとLucía Ramírezのバンドネオンが加わってTangoとValsを聞かせます。最後「Suburbio」(街外れ)、ギター独奏でのどかなに締めくくりかと思いきや、緊張感を孕んだMilongaとTango。パーカッシヴな奏法も効果的です。
ライナーノーツにはMoscardini本人の言葉が記されています(英訳付)。「vidala」(即興の弾き語り)的に、ブエノス・アイレス郊外を表現しているそうです。ブエノス・アイレス郊外は、クレオールや移民が集まり、様々な文化が融合してタンゴやミロンガに代表されるような独自の文化を育む。ブエノス・アイレス郊外の様子をMoscardini的に表した本作は、音より静寂から伝わるものが多く、パンパの水辺の空を思い描くのだそうだ。(かなり意訳してます。実際にMoscardiniの音楽を聴くと頷けるものがあります。)素敵な叙情的な曲がアルバム全体にちりばめられていて、その間をchacareraやmilonga、gato、tangoといったアルゼンチンの様々な様式の曲が効果的に配されています。全体の構成やアレンジが整った、素晴らしいコンテンポラリー・フォルクローレ音楽を堪能できます。
01.A La Niñez Nuestra 
02.La Queja 
03.Campo Nuestro 
04.Milonga Surena N° 5 *
05.Sin Quede 
06.Julia 
07.Zapateando En El Galpon 
08.
Aguas Y Penas
09.Otr
os Caminos 
10.La Esquina De Goyo 
11.El Engaño 
12.Suburbio 
* J. J. Ramos

Carlos Moscardini「Buenos Aires de Raíz」(2008年、MP3版2012年)

 

2008年に発売されたらしいです。いままでにdiskunionやHMVなどのwebショップで売っていて何度か注文したのですが、待てど暮らせど納品されない。いつの間にか廃盤。そうなると更に聞きたくなってきます。つい最近、Calros Moscardiniについてネット検索して知ったのですが、なんとAmazonではMP3版が¥1,500で手に入るという。便利な世の中ですね。勿論、即ダウンロード購入しました。「Buenos Aires de Raíz」直訳すると「根っ子のブエノス・アイレス」ですが、「我が心のブエノス・アイレス」という感じでしょうか。先に紹介した2008年録音/2009年発売の「Horizonte Infinito」と製作時期が近いためもあると思いますが、14曲中、8曲同じ曲を収録しています(別演奏)。その内の6曲はアルゼンチン・パンパでの生活を描くイラストレーター”Eleodoro Marenco”と”Florencio Molina Campos”の二人に捧げた小組曲です。14曲すべての曲タイトルにはmilongaやgato、malamboなどアルゼンチン・フォルクローレの様式が添えられていて、実に「我が心のブエノス・アイレス」への敬意を感じます。「Horizonte Infinito」には収録されていない、candombeのリズムが小気味好い「Duendes Mulatos」(魅惑のムラート*)(*黒人と白人の混血)や、叙情的なvals「Raíces Ocultas」(隠された根~秘められた心)のようなとても素敵な曲が納められています。手軽に入手可能なので是非聞いてみてください。

 

Serie dedicata a “Florencio Molina Campos”

01. Payada de Contrapunto (cifra)

02. Despuntando el Vicio (milonga)

03. El Gato (gato)

 

04. Horizonte Infinito (milonga)

05. Duendes Mulatos (candombe)

06. Raíces Ocultas (vals)

 

Serie dedicada a “Eleodoro Marenco”

07. Al Caer la Tarde (triunfo)

08. El Viejo Estilo (estilo)

09. El Arreo (malambo)

 

10. Adiós a los Cien Cuervos (milonga)

11. La Búsqueda (milonga)

12. Huella Perdida (huella)

13. Loca Milonga (milonga)

14. A Esas Almas (cancion)

What's New

*ライヴスケジュールを更新

  (2017/09/11)

*Balladsの2nd Album「Voice」が完成!2014/8/1より発売開始