Jose Yacopi (1969)
とうとう憧れのホセ・ヤコピを手に入れました!1969年製。ホセがスペイン・バルセロナからアルゼンチン・ブエノスアイレスに移住したのが1949年。音はスペインらしさがチラッと見えながらも南米フォルクローレを感じさせます。ヘッドにはこの年代のトレードマークの彫刻が有りますが、ヘッドの形は今のかまぼこ型とは違います。
いぶし銀のような渋いギターですが、存在感は格別です。ただいま、ぞっこん、惚れてます。
ハナバッハ・ミディアム(黒)を張っています。

購入店(年):フォルテ楽器(下北沢, 2009)

2012年7月、甲府のギャラリー&カフェの「富雪ギャラリー」でBalladsのレコーディングをしました。そのときメインギターとして使用しました(もう一本はJuan Hernández)。当日、甲府には珍しく湿度が高く、蒸し暑かったのですが、Yacopiはセラックニスのため、湿気は苦手。でも頑張ってくれ、土間の響きとYacopiの深い音色が素晴らしく融合しました。Balladsの1st Album "Travesía"で是非、ご確認ください!

What's New

*ライヴスケジュールを更新

  (2017/05/09)

*Balladsの2nd Album「Voice」が完成!2014/8/1より発売開始